まずバージョン3.3のコロシアムへの影響おさらいです。

影響は大きく分けて2つ。

1.チャンスとくぎの導入
2.新武器の追加


武器スキル160~180は今回導入が見送られました。

これらを体感するために2料理ほどコロシアムの公式バトルに行ってきました!

構成はスパ道具レンレンです。

スパが目覚ましい活躍を見せてくれました。スライムウィップによりムチスパが躍進しています。双竜打ちでガンガン削れるようになっているので前衛職としての立ち回りが期待出来ますね。

極竜打ち→フェンリルアタックでHP6~7割ほどのファランクスパラディンも落とすことが出来ました。

道具は新弓の攻撃力により、ダークネスショット、シャイニングボウの威力が上がっています。さすがに鎧職にシャイニングボウは厳しいですが、その他の職に大してはトドメを刺しやすくなったと言っていいでしょう。

攻めの弓、守りのブーメラン+盾を上手く使い分けて、積極的にホルダーを狙っていきたいですね。

最後にレンジャーですが、武器はプラチナウィングのままです。新武器ではオオカミアタックの威力は上がりません。変わったところはチャンス特技ですね。災禍の陣と慈愛の明星が使えます。

災禍の陣はまだ上手い使い方が見つけられていません。射程が短いので相手に近づかないと使うことが出来ないのと、使っても相手に逃げられてしまうため、非常に使うタイミングが難しい印象です。

慈愛の明星は僧侶なしPTだと意外と使えますね。自分のHPが一気に520ほど回復したので、メディカルデバイスを待たずして回復することが出来ます。

効果範囲や回復量についてはまだよく分かりませんが、外よりは効果範囲が狭そうです。コロシアム内のベホマラー並に狭かったらちょっとショックですが、僧侶のベホイム並の回復力なので意外と使えるなという印象でした。

チャンス特技全体としては、グランドクロスが強かったです。1発が220ダメージほど出ていたので、2発合わせて400ダメージを超える範囲攻撃というのは恐ろしいですね。

げきりんのさとりはスパ、道具共に使えるんですが、必ず呪文が暴走するのでラリホーマをしていました。ただ相手が耐性100%の場合は無意味なので、グランプリSSで通用するかは正直怪しいと思います。

その他にも全体的に新武器の影響でダメージ量が増えています。もしかしたら僧侶の回復が追いつかずに、僧侶なしPTが活躍する時代が来るかもしれません。

はやぶさの剣改の4連続通常攻撃で会心を狙ってくるバトも居ましたが、柔らかいバトに取られてもという感じなので恐らくグランプリSSでは通用しないでしょう。ダメージがコントロール出来ないと削りは難しいですね。

スパスタ、道具使いが強くなったなーという印象でした。