先日FTAの期間順位1位になりました。

その後2位、4位、とジリジリ差を付けられていますが、現在は8位とまだ上位をキープ出来ています。

攻略という程ではありませんが、ぼくのプレイスタイルはとにかく時間を使わずに予言することです。こんなやり方でも十分上位になれました。

一次情報より二次情報

問題の内容は基本的に人が調べた情報を頼りにしています。

そもそもぼく1人の知識というのは大したこと無く、教えてジャン先生!の内容だけでは予想の精度が上がりません。あらゆるジャンルの問題に精通した人というのは存在しないでしょう。

そこで問題の内容を調べることにより精度を上げていくわけですが、一次情報を調べ始めるととにかく時間がかかります。

数字だけで言っても8択あるので、1択3分で調べたとしても24分かかります。これに問題の背景やその他諸々を見ていくと、基本的に30分以上かかると思っていいでしょう。

隙間時間にやる普通のスマホゲーとはわけが違うのです。

そこでぼくはもう割り切ることにしました。既に調べた人の情報を見て、整合性や妥当性を見るだけにしようと。

一次情報より二次情報の方がまとめられており、格段に時間を短縮することが出来ます。1問5分で終わることも。

もちろんまとめた人の意思が入っているので、どこまで信じるかは自分次第です。ぼくがよく見ているのはテリウムさんのブログです。いつもお世話になっております。

予言者育成学園の予言テストを徹底予想


根拠となる一次情報もちゃんと掲載されていることが多いので重宝しています。

以前は他の方のブログと合わせて見ていたのですが、最近はこれ1つに絞りました。やはり2つ見るとそれだけ時間がかかるので。

二次情報を見る→妥当性を判断(必要であれば一次情報も見る)→予言

という流れでプレイしています。

全点予知は強い

ランキングの集計方法は、的中数+自信あり的中数で順位が決まっています。(本日現在)

通常的中を逃さないこと、自信あり的中を伸ばすこと。

この2つがランキング上位を狙うために必須となります。

自信あり的中は先程の二次情報を頼りにしますが、スポーツは特に予想が難しいことが多いです。一発勝負系は運の要素が大きい。

やはり通常的中を逃さないために全点予知が必須になります。

だいたい時間がある時にアメジストでPPを回復しながら一気に予言してしまっています。スタミナが回復するたびにゲームを起動するようなプレイはちょっと違うと思うので。基本的にそういうのはやりません。

アメジストも普通に毎日プレイしていればどんどん溜まっていくので、気にせずPP回復に使っています。5000アメジストで10連を回すより、期間順位上位→クラス替えで大アルカナ戦が強いクラス→クラス順位報酬で月のかけら入手の方が効率よくSSが手に入る気がします。(無課金の場合ですが。)

本来のゲームデザイン的には全点予知はあまり歓迎されないでしょう。予言Times4号でも触れられています。

予言そのものや過程を楽しむのか、ランキングを競うことを楽しむのか、プレイヤーのスタイルによって変わってくる所だと思います。

ぼくはランキングを競うのも好きなのですが、皆が皆全点予知をする必要は無いと思っています。疲れちゃう人も出てくると思うので。

ただ全点予知をするだけで順位が上がるという事だけは事実です。

その他

あとランキング1桁に居るとフレンド申請が来るんですね。びっくりしました。

レベル的に長くやっていそうな方から、最近始めたぐらいの方までいて、ちょっと嬉しくなりました。

ツイッターとかで問題についてあーでもないこーでもないって色々交流出来るようになるといいですね。#予言者育成タグを見てるとツイッターやってる人多そうな気がします。

現状フレンドと交流出来るのって、大アルカナ以外だと予知してる人ボタンぐらいしか無いんですよね。交流というか一方的に見てるだけですけど。

予知済みの選択肢も後から誰が予知したのか見れるといいなーと思います。予知してる人ボタンだと全点予知した人の名前+他何名みたいな表示で寂しいので。

教室の左下にあるツイッターのボタンで生成されるタグで気軽にクラスメイトが探せるのはいい機能だなーと思っています。クラスメイト以外にフレンドも捜せたらいいですね。自己紹介文もクラスメイトなら見れるけどフレンドのは見れませんし。

フレンドの話に脱線しましたが、毎回予知にものすごく時間をかけなくても意外と上位にいけちゃうよーという話でした。